【レシピ】チキンカレー

基本の4種のスパイス

  インドカレーの専門店ではたくさんのスパイスを使いますが、家で作るなら4種類でおいしいカレーができます。基本のスパイスは、クミン、コリアンダー、レッドチリ、そしてターメリック。

 今回のレシピはチキンカレー。インドでは「チキンマサラ」と呼ばれ、鶏肉をスパイスたっぷりのグレイビーで煮込む北インドのカレー。同じスパイスで「なすとひき肉のカレー」も作れます。

 鶏肉は一皿あたり150g。グレイビーはインドではこってりと油が浮くくらい。油とスパイスを増やすとインド感が高まりますが、家で作るならおかわりできるくらいに、かろやかにさらっと作りたい。肉だけのカレーとはいっても、スパイスは消化を助けるので食後もすっきりとしています。

の量は減らさずに!

 材料の分量は目安。野菜をたくさん入れたい、辛くしたい、など好みにあわせて変更可能ですが、油の量は決して減らさぬように。
 
 レシピの分量は、①ホールスパイスの香り出し、②香味野菜を焦がさないように炒める、③パウダースパイスと油をきっちりとなじませるための必要最低限の分量です。

 今回のレシピは「軽やかなチキンカレー」。油、スパイス、塩を大胆に増やすとぐっとインドの味に近づきます。

材料

鶏もも肉 600g 一口大に切る
玉ねぎ 300g(1個半) 1センチ角に切る
トマト 200g(1個)  2センチ角に切る
生姜  20g(3かけ) すりおろす
にんにく 15g(4片) すりおろす

クミンシード(ホール)小匙1
ホールレッドチリ 1~2本

クミンパウダー大匙1.5
コリアンダーパウダー 大匙1.5
ターメリックパウダー 小匙1
レッドチリパウダー 小匙1(中辛)

油 60~100cc (これ以上減らさないこと)
水 300cc
塩 小さじ1.5

手順

1.鍋に油を入れて熱し、ホールスパイスの香りを出す。
2.玉ねぎを炒める。
3.にんにくと生姜を加えて炒める。
4.パウダースパイスを加えて炒める。
5.トマトを加えて炒める。
6.鶏肉を加えて炒める。
7.水を加えて煮込む。
8.塩を加えて味を決める。
9.盛りつけ、添え物(ゴーヤのアチャール

作り方

1.底の広い厚手の鍋、またはフライパンに油を入れ、中火にかけて切れ目を入れたホールレッドチリを入れる。黒く焦げてきたらホールクミンシードを加えて香りが出てきたら玉ねぎを入れる(クミンは焦がさぬように)。

2.強火で玉ねぎを炒める。火が通ったら塩一つまみを加え、水分を飛ばしながら玉ねぎの周囲が焦げてくるまでさらに炒める(7~10分)。

3.にんにくと生姜を加えて炒める(3-5分)。目安は生っぽいつんとした匂いがしなくなるまで。

4.パウダースパイスを加えて炒める(3-5分)。ここでスパイスをしっかり油と融合させる。目をはなして焦がさぬように。

5.トマトと塩を一つまみ加え、水分を飛ばしながら、油が分離するまで炒める。(5分)

6.鶏肉を加えて焦げ付かないように炒める(3~5分)

7.水300ccを加えて沸騰したら蓋をして、弱火で10分煮込む。かなりさらっとしたグレイビーになるので、粘度を上げたい場合は水分量を減らす。
8.塩小さじ1.5を加えて味を調整する。(もっと辛くしたければレッドチリを追加する)

できあがり!カレーには、「ゴーヤのアチャール」を添えて。生の玉ねぎスライスを添えたり、レモンしぼりながら食べるのもさっぱりとしておいしいです。

2 Comments 【レシピ】チキンカレー

  1. Pingback: ゴーヤのアチャール3種【レシピ】 - 食手帖

  2. Pingback: 【レシピ】なすとひき肉のカレー - 食手帖

Comments are closed.